柿の産直販売 山梨県さくらんぼ狩りの小野まるしょう農園

かき産直販売

百目柿・勝平柿ともに今年の販売を終了いたしました。
ご注文いただき、ありがとうございました。

お届け時期は、10月下旬〜11月上旬頃です。(お届け日のご指定は承ることができません。)

送料は、お届け先都道府県別に以下の通りです。
北海道 東北 関東 信越 北陸 東海 近畿 中国 四国 九州 沖縄
\1,600 \1,300 \1,200 \1,200 \1,200 \1,200 \1,300 \1,400 \1,400 \1,600 \2,400

百目柿
渋柿(百目柿)6.5kg箱

大きな百目柿の約6.5kg箱詰めです。

そのまま追熟させ柔らかくすると、甘いデザートとしてスプーンで食べられます。
また、皮を剥いての干し柿作りもお勧めです。
食べ方の一例は、下をご覧下さい。



価格(税込): ¥2,000

売り切れ


ショッピングカートが
使えない場合は、
Eメール、または、
FAXでご注文ください。

 

eメールご注文フォームへ 
faxご注文用紙へ

 

電話で問い合わせる

 

090-7838-3433

 

おかけ間違いのないようにお願いします。

 

かきの効能

昔から「柿が赤くなれば、医者が青くなる」と言われているくらい、柿は栄養価がとても高く、
健康に良い果物とされています。
柿には、ペクチン、カロチノイド、ビタミンC、タンニン、カリウム等が多く含まれていますが、
カリウムによる利尿作用とビタミンC、タンニンによる血液中のアルコール分を外へ排出する働きによって、二日酔いに効果があると言われています。
それ以外にも風邪の予防、血管の老化防止など多くの効能があるようです。


渋柿の食べ方

干し柿

@ 柿の皮を剥いて枝に紐を付けます。(紐を通しやすいように枝はT字型に切ってあります。)
A 雑菌処理・カビ防止のため、熱湯に4〜5秒程度通します。
B 雨に濡れない風通しの良い場所(ベランダなど)に吊るして干しておくと、徐々に黒っぽくなり 白い粉(果糖)が表面に吹いてきたら出来上がりです。

 

渋抜き

@ へたの部分の枝を切り取ります。
A 35度のホワイトリカーを器に入れ、1個ずつへたの部分をつけます。
B 丈夫なビニール袋に柿を入れて、霧吹き器で全体にホワイトリカーを吹きかけます。
  (柿は3段積みくらいまでにしておかないと、下の方の柿が重みで潰れてしまうので要注意)
C ビニール袋の中の空気を良く抜いて、口をしっかり結んで密封し、直射日光の当たらない
   室内に置いておくと、5日〜1週間程度で渋が抜けて食べられるようになります。
   もし渋みが残っていたら、再度ホワイトリカーを吹きかけて2日程度置けば大丈夫です。

 

ずくし(熟柿)

到着後、そのまま常温で風通しの良い場所に1週間〜10日程度放置します。
ぐじゅぐじゅに柔らかくなった頃には渋みも抜けてとても甘くなっていますので、スプーン等ですくってデザート感覚で食べられます。
お好みにより、冷やして食べるのも良いかもしれません。

甘柿の食べ方

松本早生富有柿は完全甘柿なので、そのまま食べていただけます。
ヘタの周りを少し大きめに切り取ってから縦切りにすると、柿の甘味が均等に分配されますので
良いと思います。
硬さについては個人の好みによって、硬めが好きな方は早めにお召し上がりください。
柔らかめが好きな方は、常温でしばらく保存しておくと徐々に赤みが強くなるとともに柔らかくなって
きますので、好みの柔らかさになった時点で食べるのがお勧めです。
なお、冷蔵庫に入れると味も食感も落ちてしまいますので、常温で保存するようにしてください。
長く持たせたい場合は、ポリ袋で密封して冷蔵庫に入れておくと良いでしょう。


トップページ さくらんぼ狩り ご予約 果物産直販売 果樹園日誌(ブログ) お問い合せ